自家用車の保有コスト削減~はじめに

車やバイク等の自家用車を持っている場合、保有だけでも色々お金がかかります。もし、経済的に苦しい場合は手放してしまうのが一番手っ取り早いですが、交通が不便な地域や公共交通の運賃が高すぎる地域の場合、かえって家計を圧迫してしまうことも。

そのような場合、まずは以下の点を見直してみましょう。
(1)任意保険の契約内容
(2)急発進・急ブレーキ等負荷のかかる運転をしていないか
(3)余計な荷物を積んでいないか
(1)は基本中の基本で、例えば走行距離が年間2,3千キロしかないのにリスク細分型でない保険契約だったり、滅多に通勤に使わないのに用途が通勤・通学になっていたり、事故時の修理費用に対して高すぎる車両保険を掛けていたり・・・といったあたりを見直して、必要であれば保険会社を変えることも検討すべきです。(2)(3)は運転の仕方の問題で、ちょっと意識するだけで如実に差が出ます。バイクの場合は特にライダーの重量にも影響されるので、ダイエットも効果ありです。

これらの点を見直してみても、なお負担感が強くて、処分やむなしと思っている方、ちょっと待って!仕方なく乗ってる程度ならまだしも、本当に必要なら、基本整備を覚えて整備費用を減らすという手段が残っています!

車の基本整備のうち、比較的やりやすいのは、
(1)ウォッシャー液の補充
(2)ワイパーブレードの交換
(3)バッテリーの交換(車種による)
(4)エアコンのエアフィルター(ポーレンフィルター)交換
(5)オイル&オイルフィルター交換(場所があれば)
(6)タイヤの空気圧調整&パンク修理
(7)電球類の交換
といったところでしょう。バイクの場合は、
(1)バッテリーの交換
(2)オイル&オイルフィルター交換
(3)プラグ交換(車種による)
(4)タイヤの空気圧調整&パンク修理(チューブレスなら・・・)
(5)電球類の交換
(6)エアフィルターの交換
(7)ブレーキパッドの交換
(8)チェーンの洗浄と注油
(9)チェーンの張り調整
あたりになると思います。

また、基本整備に使用する消耗品も、一般的な用品店ですとかなり割高なので、インターネットを活用して安く仕入れることをおすすめします。そうすることで、工賃かからず消耗品代も格安ということで、手間に見合ったコスト削減が可能となります。

管理人の場合、車もバイクも基本整備は殆ど自前で行い、車検前にプロに点検してもらう、という程度で運用していますが、特に支障は出ていません。日頃から基本整備に慣れておけば、万が一の際にも機転が利いたり、大きな問題にならなくて済んだりもしますので、基本整備を自前でやること自体で絶対損はしないと考えます。ただし、整備を行うに当たって必要な情報はきちんと調べた上で、自分自身の責任でやることになります。もっとも、運転すること自体が自己責任である以上(業者任せにしたとしても)整備についても責任を免れることはできない訳ですが・・・案外それをわかってない人が多すぎると思うこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です