自家用車の保有コスト削減・バイク編(2) 保険を見直す 

日頃バイクに乗っていると、やはり万が一のことが気になるもの。管理人も当然そのリスクは承知の上で乗っていますが、やはり備えは必要。ということで、きちんと任意保険に加入しています。

しかし、現実には自動車の任意保険加入率は7割ちょっと(日本損害保険協会「自動車保険 都道府県別加入率(2015年3月末)」による)、126cc以上のバイクの任意保険加入率は4割程度(「任意自動車保険用途・車種別普及率(平成24年3月末)」損害保険料算出機構 による)とのこと。任意保険は自分自身のケガについての保障だけでなく、対物・対人事故時の相手方の保障も重要なのですが、無保険車による事故に巻き込まれたら損害賠償請求をするだけでも一苦労となり、弁護士のお世話になることに。バイクは貰い事故の確率が高いので、それを考えると「弁護士費用特約」も付けたくなりますし、他にも色々保障を付けるとどうしても保険料に跳ね返ります。

任意保険の選択について特に意識していない場合、恐らくバイクを購入したお店で言われるがままに任意保険に加入していることが大半だと思いますが、実は結構割高な事が多いです。保険という商品は通常「保険代理店」が販売を行い、保険会社は保険代理店に対して「代理店報酬」を支払うという形をとるため、通常のお店で契約をすると代理店報酬分どうしても高くなります。

そこで格安に任意保険に加入する切り札として、車の保険ではダイレクト型(直販型)の任意保険が様々な形で販売されていて、それらを選択すれば余程のこと(極端に事故率が高い車種とか過去に何度も事故を起こしているとか)でない限り保険料が下がることが多いです。

しかし、バイクの任意保険については意外と宣伝が少なく、ダイレクト型の任意保険があるという事が知られていないかもしれません。そこで、簡単にバイクの任意保険を比較できるサイトを発見したのでご紹介です。



こちらのサイトで必要な情報を入力すると、各社の見積もりを一括して出してもらうことができますので、少ない手間でじっくり比較検討してから決める事ができるのでらくちんです。

ちなみに、私自身の契約内容と金額ですが(長年無事故なので参考になるかわかりませんが)15等級/対人無制限/対物無制限/搭乗者傷害保険500万円/無保険車障害特約2億円/自損事故傷害特約(死亡1,500万円,後遺障害2,000万円)/弁護士費用特約あり/運転者年齢条件26歳以上補償/車両保険なしでその他割引が付いて大体年間19,000円くらいになりました。

車両保険なし、はどうなの?と思われるかもしれませんが、車と比べてバイクはどうしても転倒リスクがあり、車両保険が高額になることが多いため、最初から付帯していません。乗る車種にもよりますが、今乗っているのは所詮30万円くらいで購入した中古の国産中型車なので、仮にどこか破損しても修理費は微々たるもの。しかもカウルなしの車種なので、部品交換となっても自前で対応可能の可能性が高いのと、貰い事故の場合は大抵全損扱いになって、相手方が費用の大半を持つことになることが多いというのを過去の経験から学習(?)しているので、あまり意味が無いという判断です。こういう判断をするにしても、やはり日頃整備を自分でやっていると部品の金額感がわかるので、非常に役立ちます。

ということで、「バイクの保険料高いなー」と思っている方は是非。

≪ズバットバイク保険比較≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です