アイスコーヒーは簡単・お手軽な水出しで

暑い日に冷たいアイスコーヒーがあるととても嬉しいですが、普通にアイスコーヒーを作るとなると、ドリッパーとフィルター、氷を入れたデカンタを用意してコーヒー豆を挽いて、お湯を沸かして・・・と結構手間がかかるので、缶コーヒーやボトル入りコーヒー、もしくはコンビニコーヒーやカフェなどで済ませることが多いのでは。

ただ、これまた毎日となると結構な出費。特にコンビニコーヒーやカフェなどは回数が増えるとなかなか大変。かといって毎度ドリッパーとデカンタを用意して抽出したコーヒーを冷やして・・・とかやるのも手間がかかって現実的ではありません。

そこで是非おすすめしたいのは、セットしたら放置するだけで抽出できる「水出しコーヒー」。本格的に作ろうとすればこういう感じの水出し器

とか、水出しコーヒーポット

など、専用の器具が必要なのですが、実はごくありふれたモノだけで簡単に作ることができるのです。

必要なものは、コーヒー豆を中挽きから中細挽きくらいで挽いたもの、料理で出汁を取るのに使うだしパック(大き目のお茶パックでも可)、コーヒーを入れるボトル(麦茶を入れるようなもの)と水だけです。

コーヒーは出来上がり150ccあたり大体8gから12gくらい(お好みや豆の種類に応じて調整)を用意して、だしパックに入れます。手元にあるだしパックだと1つあたり600cc分くらいが適量ですが、だしパックのサイズに応じて加減してください。その後、ボトルにだしパックを入れて、水を少しづつ注いでいきます(一気に注ぐとだしパックからコーヒーが溢れます)

水を注ぎ終わったら、ボトルを冷蔵庫に入れて一晩くらい置きます。翌朝、だしパックを取り出して出来上がり。

時間はかかりますが、手間もお金も大してかかりません。コーヒーは我が家ではアイスコーヒー用の豆か、エスプレッソ用の豆を購入して挽いてますが、アイスコーヒー用の豆に関しては何故か粉の方が大幅に安く購入できる可能性が高いので、アイスコーヒーの消費量が多い方は粉でも良いかもしれません。粉のものであれば、スーパー等で100g100円以下のものが結構あります。

コスト的には水1.2Lで100円/100gのコーヒー豆を64g使うとして64円、だしパックがモノによりますが2枚で10円~20円の範囲だと思われますので、合計100円もかからず作れてしまいます。しかも、だしパックを使うのでコーヒーを入れる容器を洗うのも楽です。こうしてお手軽に水出しコーヒーを作って、仕事のお供に持参するのもいいかもしれません。その時はお洒落なボトルだといい感じですね!

ピッチャー 水差し 冷水筒 麦茶ポット 耐熱 麦茶 ポット アイス コーヒーポット おしゃれ 蓋 ウォーターピッチャー 1L 1000ml 軽くて丈夫なアクリル製ウォーターカラフェ1Lサイズ クリア レッド グリーン

価格:1,944円
(2017/8/27 17:11時点)
感想(52件)

冷水筒 スリムジャグ 1.1L 横置き 縦置き 3本セット ( ピッチャー 冷水ポット 麦茶ポット ピッチャー 冷水ポット 麦茶ポット キッチン用品 水差し 耐熱 1リットル 3本 )|新商品|06

価格:1,890円
(2017/8/27 17:21時点)
感想(5件)

麦茶ポット 耐熱 フレッシュロック ピッチャー 2.0L( 冷水筒 水差し タケヤ )

価格:980円
(2017/8/27 17:22時点)
感想(5件)

冷水筒・麦茶ポットとして便利なスリムで横置き可能な1.2Lピッチャー[b2c ウォータージャグ(ブラック)]

価格:2,160円
(2017/8/27 17:23時点)
感想(261件)

耐熱縦横冷水筒●ミッキー&フレンズ●//冷水筒/ウォーターポット/ピッチャー/麦茶/お茶/水分補給/常備保存用ポット//

価格:1,296円
(2017/8/27 17:24時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です