住宅設備の自前交換でコスト削減~ビルトイン機器編

今時のきれいなキッチンでは、ガスコンロやIHクッキングヒーターはビルトインが当たり前。ただ、使っているうちに経年劣化で色々不具合出てきて、いざ交換しようと思って住宅設備業者やリフォーム業者に相談したら結構な見積が出てきてびっくりされる方は多いのでは。

巷で販売されているそれらの機器を見たとき、据え置き型と比べてビルトイン用機器は何故かお値段が高い上、工事も頼むとさらにお金がかかるということで、結構な出費になります。

機器自体の価格差については、ビルトイン型の方が構造的にコストがかかるのは否めないようなので、如何に安く交換するか考えた場合、まず自分で設置することで工事費を節約できないか、という点。これについては同種の機器同士の交換なら素人でも据付説明書をよく読めばできるレベルです。

そして、機器自体の入手方法ですが、ここはやはりインターネットで探すのが手っ取り早いです。特にこだわりが無いのであれば、型落ちに狙いをつけて情報を集めつつ検討するのが良いのでは。

我が家でもつい先日IHクッキングヒーターがご臨終して入れ替えることにしましたが、運よく希望するスペックの型落ち品を見つけたため、4万円以下の出費で済みました。この器具、発売当初のメーカー希望小売価格が20万円くらいなので、そこからすると嘘みたいなお値段ですが、住宅設備に関してはこういった型落ち品はゴロゴロしている、というのが現状のようです。DIYが得意な人ならこれを使わない手は無いですね。

ちなみに、今回設置した機種(CS-G32MS)をネット上で発見した某業者に設置依頼すると5万円台半ば、近所の業者に依頼すると9万円台になるので、その差は結構大きいものがあります。古い機器の撤去時に掃除等する手間がそこそこあるので、ある程度は仕方ないですが、業者に依頼するにしても慎重に比較したいところです。

***格安IHクッキングヒーターはこちら***



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です