パソコンは「型落ちのハイエンド」が狙い目!

みなさんはパソコンを購入するときに、どんな基準で選んでいますか?見た目・メーカー・ブランド・etc・・・

メーカーや型番にこだわりがあるならそれはそれで、価●コムとにらめっこしてればよいのですが、そうでもない場合は、むやみに新しいものを追いかけると高くつくかもしれません。というのは、近年のパソコンの速度向上は以前ほど急激ではなくなっている上、工業製品の宿命で新しいほど初期不良に当たる率が高いという点もあります。

私のところでも丁度パソコンを入れ替えたところなので、参考までに・・・ですが、IntelのCore i7-4710MQというノートPC用としてはハイエンドなCPU(4物理コア8スレッド)とQuadroK1100Mという業務向けグラフィックチップを積んだ機種を、約16万円で購入しています。メモリは4GB、HDDは500GB程度で通常使用には十分、DVD-ROMドライブ搭載、他に通信速度が高く安定性の良いデュアルバンドワイヤレスLANや、セキュリティ強化のための指紋認証デバイス、画面は高解像度・広色域の15インチ3K液晶、色校正に使えるカラーセンサー付と来ています。私の用途に対してメモリが少な目なので、後で4GB足してますが、追加費用は3千円ほど。ハイエンド故メモリの4枚刺しができる(普通は2枚)ので、後から更に増やせます。

一方、この金額で購入できる新しめの機種だと、CPUはミドルレンジ(2物理コア4スレッド)程度、グラフィックスも業務向けではない一般向けのもので、画面解像度も一段下がるもの(フルHD程度)になるはずです。型落ちと言っても元がハイエンドな機種なので、今時のミドルレンジのものよりは数段高速です。メモリの積載可能量も普通のPCより多いです。それでいて、お値段は同じくらい。中古と違ってきちんと1年間の保障もありますし、最終ロットなので恐らく初期不良率も低め。新しい機種にこだわって高いお金を払う理由はあまりないかもしれません。

型落ちを安く買うコツですが、やはり常日頃新製品情報には目を光らせておく必要があるでしょう。新型が出れば旧型の価格下落が始まりますが、ある程度時間が過ぎると逆に値上がりする、という現象が発生します。(何故なら、それは転売ヤーの仕業・・・)なので、そうなる前に速やかに購入できるよう、予算の確保も欠かせません。また、メーカーによっては直販サイトでの販売価格が特定の条件で大幅に安くなるケースがあるので、そういったものは漏れなく利用しましょう。そうすれば、リーズナブルに満足感の高いお買い物ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です