自家用車の保有コスト削減・乗用車編(2) 輸入車の消耗品は意外と安く買える

うだるような暑さも過ぎ、久々に記事を書く時間が取れたので・・・

先日、自家用車のオイルフィルターをどこで買おうか検討していたところ、意外なものを発見。それは「同じ形状・スペックの型番違い」。何故そんなものがあるのか?といえば、どうもメーカー側で同一形状・スペックのものでも仕向地によって包装や型番を変えることが多いかららしい。

そして、普通に日本国内向け型番で検索すると1本2千円近くするものが、ネットでちょっと探してみるだけで1本千円以下で入手可能ということも。半年に1回オイル交換をする場合、年間1本だけですが、これも簡単にできる費用削減。こういった工夫を重ねるだけで結構な差が出てきます。おそらく、エアコン用のフィルターでも同じようなことがあるのでは。

ヒントとしては、オイルフィルターの型番ではなく、車名や車の型番から検索すると該当するものが出てきやすくなります。特に国際的によく売れている車種ほど安く買える可能性は高いと思われます。

・・・とはいえ、たまに著しく品質の悪いものを掴まされる可能性もゼロではないので、お店のレビューがあるならそういった情報も頼りに慎重に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です