美味しいコーヒーをお手軽に-コーヒー豆(7)ドン・キホーテ(ハマヤ)「マイルドブレンド 500G」

年末さしかかってきて、色々あわただしい中のリラックスタイム。そんなときこそコーヒーを!というところで、意外な場所で意外なコーヒーを発見してしまいました。

激安かつ深夜営業で有名な(そして色々物議を醸す・・・)ドン・キホーテ(MEGAドン・キホーテ)にたまたま行ったときのこと。正直あまり期待してなかったのですが、コーヒーの売り場に行くと予想をはるかに超えるコーヒーの品ぞろえでびっくり。 続きを読む 美味しいコーヒーをお手軽に-コーヒー豆(7)ドン・キホーテ(ハマヤ)「マイルドブレンド 500G」

美味しいコーヒーをお手軽に-コーヒー豆(6)オーケー「オリジナルブレンド 400g」

このシリーズ、早くも第6弾。今回はたまたま発見したコーヒー豆をご紹介します。

東京を中心に展開する、激安スーパーの一つ「オーケー」。ナショナルブランド品は地域最安値、というのが有名で確かに他の店より安くて、東京で生活していた時期は良く利用していました。それだけではなくて、怪しげな加工食品は極力扱わない、オーケーカード持参で3%割引など、色々と特色のあるスーパーです。

オーケーと他の激安系スーパーの大きな違い(と個人的に思ってるだけ?)として、オーケーの場合は独自ルートによる低価格・高品質なプライベートブランド商品が幾つかある、という点です。ただ安いだけではなくて、たとえば、オーガニック素材の調味料などホントに質の良いものを格安で出すということをやっているようです。 続きを読む 美味しいコーヒーをお手軽に-コーヒー豆(6)オーケー「オリジナルブレンド 400g」

冬場の電気料金削減に「着る毛布」は有効か? その2:実際に使ってみた

ここ数日、日本列島には大寒波がやってきて、12月だというのに本格的な真冬の寒さ。ここまで寒いととにかく暖かくしたくなるこの頃ですが、先週から使い始めたこちらの「着る毛布」なかなか良い感じです。

続きを読む 冬場の電気料金削減に「着る毛布」は有効か? その2:実際に使ってみた

美味しいコーヒーをお手軽に-コーヒー豆(5)アバンス(国太楼)「徳用500gスペシャルブレンド(豆)」

今回もネット通販で探してみました。

業務用コーヒーや1杯19円ドリップコーヒーで有名な「アバンス」ブランドのコーヒー豆、そこそこ期待できそうな感じなので、「徳用500gスペシャルブレンド」を購入してみました。
image

 

今回はAmazonで売られていたものを購入したので、送料込1袋720円でした。直販サイトでは6袋単位になるので、1袋だけ欲しい人はAmazonが便利です。(2014/12/2時点で単価は殆ど同じ)

実際に豆を観察してみると、値段にしては割れ豆が少ないです。焙煎の程度はごく普通程度な感じがします。

image

実際に淹れてみると割とすっきりした香りで、飲んでみると意外とコクキレがそこそこあります。澤井コーヒーの「マイルドブレンド」だとちょっと軽すぎると感じる人にはよさそう。昔(昭和37年)からある会社だけあって、相応に品質はよさそうです。コーヒー豆は自社直輸入の模様。

このコーヒー豆はAmazonで買えるので、在庫さえあれば即日出荷ですぐ届くというのも良いかもしれません。ということで、まとめです。

アバンス(国太楼)「徳用500gスペシャルブレンド」

味わい しっかりとした感じ。コクキレあり。
香り すっきりとキレの良い感じ。
価格 720円/500g(144円/100g)
生産地 コロンビア、ブラジル、他
オススメ度 手軽にコクキレのあるコーヒーが欲しい人には良さそう。

↓↓↓ こちらにもお手軽なコーヒーが色々あります!! ↓↓↓


冬場の電気料金削減に「着る毛布」は有効か? その1:導入編

日本は春夏秋冬季節が巡り、気候条件も日々変動する気候条件。中でも夏と冬は(地域にもよりますが)快適に過ごすためにエネルギーを使いがち。

毎日日中はオフィスの中、あるいは外に出ずっぱりと言う人は気にしていないのかもしれませんが、管理人のように在宅勤務時間が長い人(および専業主婦の方や年金生活者の方)はどうしても気になる電気代。

まして、「オール電化住宅」に住んでいて、電気料金が「電化上手」になっていようものなら日中の電気代が結構シャレになりません。というのも、2014/12現在で以下のような料金体系になっているからです。

朝晩(7:00-10:00及び17:00-23:00) 25.92円
昼間(10:00-17:00) 31.64円(夏季38.63円)
夜間(23:00-翌7:00) 12.16円

参考までに普通の電気料金「従量電灯B」の場合、

最初の120kWhまで(第1段階料金) 19.43円
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 25.91円
上記超過(第3段階料金) 29.93円

ということで、普通の在宅勤務者が自宅で仕事をしている時間帯が一番高くなる料金体系になっています。

冬場にエアコンを使って暖を取るときの電気代を大まかに出してみると・・・

部屋の広さ:6畳
エアコンの平均消費電力:0.475kw
10:00-17:00まで使用した場合の電力料金(電化上手:昼間)
0.475kw × 31.64円 × 7時間 = 105.203円
30日間で3,156.05円!

という感じになります。実際はもうちょっと控えめの数字になるとしても、毎日となれば結構な金額。もし、この時間帯のエアコン使用を控えることができれば大幅な節電になることは間違いありません。

そこで、今年は以前から暖かいと評判の「着る毛布」を導入することにしました。

こちら、管理人が購入したときは2千円程度でしたので、単純計算で1か月で元が取れるはず。昨年は同じ部屋で着る毛布なしでエアコンを常時使っていたので、どれだけ消費電力に差が出るか楽しみです。