美味しいコーヒーをお手軽に-コーヒー豆(4)澤井珈琲「マイルドブレンド 400g」

お手軽に美味しいコーヒーを飲もうということで、100g200円以下のコーヒー豆を試して来ましたが、今回はついにネット通販にトライします。

たまたま某モールで発見した、澤井珈琲。鳥取に実店舗を構えていて、ネット通販も積極的に行っているようです。

今回は、400g送料込み540円という破格値の「マイルドブレンド」を購入してみました。

image

豆を見てみると、割れ豆は少ない様子。

image

淹れてみると、香りは並。特に強い感じではありません。飲んでみても口当たりは良いものの、余り主張は強くないような。。。名前に偽りなくマイルドな感じ。結構量飲めそうな気がします。気軽に飲むにはコスパ良好と言えそう。

ただ、通販故の宿命で、発注から届くまでちょっと時間がかかります。ということで、ご利用は計画的に。。。

澤井珈琲「マイルドブレンド 400g」

味わい 口当たり良くマイルド。
香り 優しくマイルド。
価格 540円/400g(135円/100g) 送料込みなので相当安い!
オススメ度 ひたすらマイルドなので、量飲みたい人には良いかも。

↓↓↓ こちらにもお手軽なコーヒーが色々あります!! ↓↓↓


500円未満でできる家電修理・ミルサー編

ジューサーとミルがセットになったミルサーという道具。ジューサーとしてもミルとしても活用している人もいるかもしれませんが、我が家のようにミルばかり酷使する人もいるかもしれません。

この手の道具には大抵「パッキン」が付いていて、要所要所で漏れを防いでくれている訳ですが、我が家のミルサーのようにパッキンが漏れ防止だけじゃなくて機械的接点の役割をしてる機種もあったりします。

image

そうすると何が起きるか?というと、パッキンが損傷したり無くなったりすると途端に動作しなくなるという・・・そう、パッキンの厚み分でスイッチが入らなくなってしまう仕様だったのです。いつのまにやらパッキンが行方不明になって使用不能になり途方に暮れて(?)いましたが、買い換えも勿体ないということで、一つ考えました。

使うものは100円ショップで売っているこれ。髪の毛を束ねるのに使うヘアゴムの中でも、輪っかになっていない細めのもの。

image

パッキンをはめる位置に沿わせて長さを決めて、セロテープで止めて輪っかを作ります。それで電源を入れてみると・・・ばっちり動きます。但し、気密性は期待できないので、若干漏れる可能性がありますが、乾物限定と言う条件であれば使えます。我が家では緑茶を粉にするためにしか使ってないので、これはこれでOK。

image

 

買い換えてしまえば数千円はかかる上、まだ使える本体部分を処分してしまうことになりますが、これなら108円だけで(用途は制限されるけれど)まだまだ使えます。

 

 

自家用車の保有コスト削減~はじめに

車やバイク等の自家用車を持っている場合、保有だけでも色々お金がかかります。もし、経済的に苦しい場合は手放してしまうのが一番手っ取り早いですが、交通が不便な地域や公共交通の運賃が高すぎる地域の場合、かえって家計を圧迫してしまうことも。

そのような場合、まずは以下の点を見直してみましょう。
(1)任意保険の契約内容
(2)急発進・急ブレーキ等負荷のかかる運転をしていないか
(3)余計な荷物を積んでいないか
(1)は基本中の基本で、例えば走行距離が年間2,3千キロしかないのにリスク細分型でない保険契約だったり、滅多に通勤に使わないのに用途が通勤・通学になっていたり、事故時の修理費用に対して高すぎる車両保険を掛けていたり・・・といったあたりを見直して、必要であれば保険会社を変えることも検討すべきです。(2)(3)は運転の仕方の問題で、ちょっと意識するだけで如実に差が出ます。バイクの場合は特にライダーの重量にも影響されるので、ダイエットも効果ありです。

これらの点を見直してみても、なお負担感が強くて、処分やむなしと思っている方、ちょっと待って!仕方なく乗ってる程度ならまだしも、本当に必要なら、基本整備を覚えて整備費用を減らすという手段が残っています!

車の基本整備のうち、比較的やりやすいのは、
(1)ウォッシャー液の補充
(2)ワイパーブレードの交換
(3)バッテリーの交換(車種による)
(4)エアコンのエアフィルター(ポーレンフィルター)交換
(5)オイル&オイルフィルター交換(場所があれば)
(6)タイヤの空気圧調整&パンク修理
(7)電球類の交換
といったところでしょう。バイクの場合は、
(1)バッテリーの交換
(2)オイル&オイルフィルター交換
(3)プラグ交換(車種による)
(4)タイヤの空気圧調整&パンク修理(チューブレスなら・・・)
(5)電球類の交換
(6)エアフィルターの交換
(7)ブレーキパッドの交換
(8)チェーンの洗浄と注油
(9)チェーンの張り調整
あたりになると思います。

また、基本整備に使用する消耗品も、一般的な用品店ですとかなり割高なので、インターネットを活用して安く仕入れることをおすすめします。そうすることで、工賃かからず消耗品代も格安ということで、手間に見合ったコスト削減が可能となります。

管理人の場合、車もバイクも基本整備は殆ど自前で行い、車検前にプロに点検してもらう、という程度で運用していますが、特に支障は出ていません。日頃から基本整備に慣れておけば、万が一の際にも機転が利いたり、大きな問題にならなくて済んだりもしますので、基本整備を自前でやること自体で絶対損はしないと考えます。ただし、整備を行うに当たって必要な情報はきちんと調べた上で、自分自身の責任でやることになります。もっとも、運転すること自体が自己責任である以上(業者任せにしたとしても)整備についても責任を免れることはできない訳ですが・・・案外それをわかってない人が多すぎると思うこの頃です。

美味しいコーヒーをお手軽に-コーヒー豆(3)UCC「香り炒り豆 ロイヤルブレンド 270g」

今回は入手性が良いものということで、超メジャーなUCCから発売されている格安コーヒー豆シリーズの中から「香炒り豆 ロイヤルブレンド」を試してみました。

image

こちらのコーヒー豆、他のメーカーのものと異なり「豆だからやたら高い」ということが無いので今回取り上げました。また、入手性についてもダイエーおよびロピアで扱っていることを確認しており、気軽に買えると思います。

実際に袋を開けてみると、今時の深め焙煎とは異なり、程よく柔らかい香りと色合い、豆も粒ぞろいできれいです。さすがにUCCだけあって、そのあたりの品質管理は抜かりないようで。

image

実際に淹れてみると、香りは柔らかく味わいもまろやか柔らか、という感じです。どちらかというとリラックスタイムによさそうな感じ。眠気覚まし的に使うにはちょっとキレが足りないかもしれません。

また、一包装が270gなので、少人数の場合や飲む回数が少ない場合でも、持て余すことなく飲みきることができるという点は良いかもしれません。

UCC「香り炒り豆 ロイヤルブレンド 270g」

味わい 比較的柔らかくまろやか。
香り ふんわりとした感じ。
価格 約530円/270g(196円/100g) 大手ブランドのパッケージ品にしては安い。
オススメ度 眠気覚まし用というより、ゆったりと味わいたい人にオススメ。少人数の場合や飲む頻度が少ない場合にもGood!

↓↓↓ こちらにもお手軽なコーヒーが色々あります!! ↓↓↓


消費電力を効果的に測るためは?

近年、原発事故や原油価格の高騰などで電気料金はうなぎのぼり。節電を意識せざるおえない状況になっています。

そんな中、「実際にどれだけ電気を使っているのか?」を測って、電化製品の買い替えの参考にしたり、節電の効果検証をしたりというニーズからか、電気の使用量を見える化する製品が各所で販売されています。

今回は電気の使用量を効果的に測るという観点で、どのような製品を使うべきか検証します。ただ、例によって予算を決めないと「上を見てもキリが無い」状態になるので、ここでは上限予算5千円前後とします。また、それほど難しい知識が無くても計測できるものに絞ります。

どのような製品があるか?

電力(ワット:W)は数式で表すと、W = V(電圧)× A(電流)で、通常の家庭用電化製品はV=100なので、Aがわかれば良いことになります。(厳密に言えば力率の話もありますが、大雑把にわかれば良いということで、ここでは割愛します)
そうすると、Aを測る機器として非破壊(配線を切ったり加工したりしない)で測定できる器具であれば、「クランプメーター」があります。また、コンセントに差し込むだけで使用できる簡易型電力チェッカーも価格帯によっては候補に入るでしょう。
[クランプメータの例]

(Amazonより引用)

最小計測値と分解能に注意!

計測機器は「計測可能な最小/最大の値」と「どれだけ細かく測れるか」(分解能)が決まっています。なので、計測対象に適合した計測機器を購入しないと目的の計測ができません。例として、わたしが現在検討している、サーバPCの再構築とクライアントPCの使い方変更による効果測定の場合、計測対象は、サーバPC(消費電力60W以下)とクライアントPC(消費電力200W以下)の2台で、サーバPC再構築後に計測する電力量として10W以下が見込まれるという点、比較検討のためには1W以下の単位で計測できる必要があるという点を考慮します。そうすると、(1)10W以下を測定できる(2)1W(もしくはそれより小さい)単位で表示できるの2点を満たす計測機器が必要です。

結局、どんな測定機器を使うか?

まず、クランプメーターを検討しました。というのも、千円以下から入手可能であることと、様々な用途に使えることがあるからです。しかし、先に挙げた条件を満たそうとすると、分解能としては0.01Aが必須になるため、そのレベルのクランプメーターはちょっと高くなります。予算内でぎりぎり収まりますが、今回の検討からは外すことに。が、結局後々の使い方を考えてクランプメーターを購入しました。
簡易型電力チェッカーの方はこれまた玉石混合の有様。スペックを注意深く見ていく必要があります。その中で、比較的今回の目的に合いそうなのは、これでした。

注意事項など

簡易型電力チェッカーを使って計測する場合、機器により向き不向きがかなりあるようで、全般に電力消費量がおおきい機器、モーターやコンプレッサーを持っている機器を繋いで計測した場合、熱を持ってしまったり故障してしまったりすることがあるようです。なので、そのような機器で消費電力を測る場合は、クランプメーターの方が安全かもしれません。